no image

未分類

2021/5/21

脳トレ

鴨×速読とは? 鴨頭嘉人が「楽読」という速読スクールをフランチャイズで全国展開を進めている、鴨頭嘉人がオーナーを務めるスクールです。 「楽読」とは見る・聞く・話すを組合わせたこれまでにない新しい速読術です。 これが脳に刺激を与え、速読に必要な潜在能力を引き出します。 短時間で本や文章を理解し処理することができるようになることは、仕事や勉強や私生活などにおいてもよりよい効果が現れます。 鴨×楽読のメリット 読書をより深く、情景を感じながら楽しめる。 相手の考えていることを感じて、交渉力や提案力が上がる。 時 ...

ReadMore

no image

子育て

2021/3/9

【あなたは知っていますか】子育て中にイライラしない実証された方法

ライズママ『子育てしている中で、イライラしない方法ってあるのかなぁ』   そんなお父さんお母さんのために、僕が情報をまとめたものを、紹介していきますライズコーチ   ライズコーチとは? ・子育てに関する本を100冊以上読み、実践してきた ・プロとして12年間で約3000人の選手を指導・アメリカでの指導経験を持つ ・ライズサッカースクールを経営するサッカーの指導者 見やすいデザインパーツ(ライズサッカースクールとは?) ・指導方法が評判になり、5年間で約800名の生徒を集客 ・2020年 ...

ReadMore

no image

子育て

2021/3/15

【ついに発見しました!】中学生を子育てする際の悩みを解決するには

ライズママ『中学生を子育てしている中で、悩みが尽きないなぁ』   そんなお父さんお母さんのために、僕が情報をまとめたものを、紹介していきますライズコーチ   ライズコーチとは? 子育てに関する本を100冊以上読み、実践してきた ライズサッカースクールを経営するサッカーの指導者 プロとして12年間で約3000人の選手を指導 アメリカでの指導経験を持つ ライズサッカースクールとは? 指導方法が評判になり、5年間で約800名の生徒を集客 2020年現在約500名の生徒が在籍   中 ...

ReadMore

【なぜできないの?にお答えします】子育てのイライラを解消するには

子育て

2021/3/15

【なぜできないの?にお答えします】子育てのイライラを解消するには

  ライズママ『子育てしている中で、イライラが解消できないなぁ』   そんなお父さんお母さんのために、僕が情報をまとめたものを、紹介していきますライズコーチ   ライズコーチとは? 子育てに関する本を100冊以上読み、実践してきた ライズサッカースクールを経営するサッカーの指導者 プロとして12年間で約3000人の選手を指導 アメリカでの指導経験を持つ ライズサッカースクールとは? 指導方法が評判になり、5年間で約800名の生徒を集客 2020年現在約500名の生徒が在籍 & ...

ReadMore

【解決】小学生の子供を子育てする際の悩み【あなたは大丈夫ですか?】

子育て

2021/3/15

【解決】小学生の子供を子育てする際の悩み【あなたは大丈夫ですか?】

ライズママ『小学生の子どもを子育てしている中で、悩みが尽きないなぁ』   そんなお父さんのために、僕が情報をまとめたものを、紹介していきますライズコーチ   ライズコーチとは? 子育てに関する本を100冊以上読み、実践してきた プロとして12年間で約3000人の選手を指導 アメリカでの指導経験を持つ ライズサッカースクールを経営するサッカーの指導者 ライズサッカースクールとは? 指導方法が評判になり、5年間で約800名の生徒を集客 2020年現在約500名の生徒が在籍   小 ...

ReadMore

子育て

さあ、今すぐ始めましょう【父親が子育てをする際の悩みの解決方法】

『父親が子どもを子育てしている中で、悩みが尽きないなぁ』
ライズくん

 

そんなお父さんのために、僕が情報をまとめたものを、紹介していきます
ライズコーチ

 

ライズコーチとは?

  • 子育てに関する本を100冊以上読み、実践してきた
  • プロとして12年間で約3000人の選手を指導
  • アメリカでの指導経験を持つ
  • ライズサッカースクールを経営するサッカーの指導者

ライズサッカースクールとは?

  • 指導方法が評判になり、5年間で約800名の生徒を集客
  • 2020年現在約500名の生徒が在籍

 

父親が子育てをする際の悩みを解決するには

「このブログで学ぶことで、どうなるんでしょうか?」
ライズくん

 

「父親が子育てをする際の悩みを解決する方法を学ぶことができます」
ライズコーチ

 

そして、その方法を実践する為には、

どんな力を身につけなくてはならないのか、理解することができます。

 

そうすることで、育児をしていくなかで遭遇する様々な

『イライラしそうな場面』

で冷静に対処する術を身につけていっていただけたらと願います。

 

色々な本を読んで勉強したけど、なかなかできないんだよ
ライズくん

 

正しい知識を学び、トレーニングをしていくことで、必ずできるようになります
ライズコーチ

 

父親が子育てをする際の悩み

父親が子育てをする際の悩み

・教育費が不安

・子どもが宿題をやらない

・子どもが言うことを聞かない

・自分の教育が間違っていないか不安

・イライラしてしまう

・自分の時間が取れない

 

どんな力を身につけたら良いのか

それは、「ウィルパワー」です
ライズコーチ

 

何でかというと、

 

やるべきことをやらない子どもを変えることより、自分自身を変える方が簡単

 

だからです。

 

「ウィルパワー」とは何かというと、

 

ウィルパワー

  • より良い自分になるために必要な力

 

そして、親がウィルパワーを身につけることによって、それは子供に伝染します。

 

それは何でかというと、

 

「ミラーニューロン」という、脳に多く存在する細胞が働きがある

 

からです。

 

そして、

 

親が夢や目標に向かって努力し続ける強い「ウィルパワー」を持つことで、

子供が自分の好きな道を追い求め、大きな成功を収めるのです

 

その力を身につける具体的な方法

 

意志力を強くする

自分をコントロールできるようになる

自分を変える

 

これらを達成するのは難しく、専門家の助けを借りるなど特別なことをしなければならない、

と思っていませんか?

ウィルパワーは簡単なことで失われたり弱くなったりする一方、

復活させることも、強くすることもできるのです。

 

自分の行動を意識化する

 

特に気が散っているとき、無意識のうちに行動を起こしてしまいがち。

そんなときは「やらない力」が眠ったような状態になっていて、
いつもなら制御していることをやってしまいます。

そうならないためには、自分がうわの空のときにどんなことをしがちなのか、
パターンをつかんでおくことが必要です。

たとえば、何か考え事をしていると足がスーパーに向かってしまうとか、
夫に対して怒りを感じていると予どもに厳しく接してしまうなど、
自分のパターンをつかむことで、感情をコントロールすることができるようになります。

 

目標はひとつにしぼる

 

集中したあとはウィルパワーが弱くなります。

これを別の角度から見ると、
「ひとつのことにウィルパワーを使うと、違うことで自分をコントロールできなくなる」
ということ。

これは、「100メートル全力疾走した直後にサッカーの試合には出られない」
ということとよく似ています。

つまり、ウィルパワーも体力や筋力と同じように、

使えばなくなり、回復まで時間がかかるものなのです。

 

もしダイエットしたい、貯金したい、家族に優しくしたいなど、
いろいろな方面で目標を立てたとしても、ウィルパワーが分散してしまい、
どれも中途半端に終わってしまいます。

目標を立てるときはあれもこれもと欲張らず、自分が最も優先したいことにしぼることです。

 

GI値の低い食べ物を食べる

 

グルコース不足はウィルパワー不足を招くとはいえ、
食べる糖類の種類によっては、逆効果になることもあります。

 

炭水化物が消化され、糖に変化する早さを相対的に表したものをGI値(グリセミック指数)といい、
GI値が高いものは血中のグルコース濃度を急激に上げた後、急降下させます。

血糖値が乱高下すると、体は素早く糖質を補給しようとして、
甘いものに手を伸ばすという悪循環が起こり、ウィルパワーも低くなってしまいます。

ウィルパワーを常に一定にキープするためにはGI値の低い食べ物を積極的に取り入れることが大切です。

体内で血糖値が急激に増減すると、
グルコースを体内の各細胞に運ぶ役割のインスリンの分泌量が多くなります。

グルコースもインスリンも多くなると、体は余分な糖を脂肪として溜め込もうとします。
これが肥満の原因です。

GI値の低い食べ物は血糖値を安定させ、
ウィルパワーを一定に保つだけでなく ダイエットにも効果的。

次にGI値の高い食べ物と低い食べ物を紹介しますので、日々の食事の参考にしてください。

 

  • GI値の高い食べ物……白米、パン、じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、小麦粉や砂糖を使った菓子類(ケーキ、クッキー、パンケーキ、チョコレート、生クリーム)

 

・GI値の低い食べ物……玄米、そば、レタスなどの葉物野菜、きのこ類、大根やかぶなどの白い根菜、ナッツ類、生の果物、チーズなどの乳製品、魚、肉、はちみつ、オリーブオイルなど体によいと言われる油類。

 

きちんと睡眠を取る

 

課題を終わらせようとするときや試験勉強をするとき、
睡眠時間を削ろうとする人が多くいますが、これはいいやり方とは言えません。

睡眠不足は脳のエネルギー不足を招き、判断力、決断力、意志力を失わせます。

もしあなたが「最近ちょっとしたことでイライラする」「感情が高ぶりやすくなった」などと感じているとしたら、睡眠時間を振り返ってみることです。

2 2時から2 4時までに眠りにつき、目覚めたらカーテンをさっと開けて、

朝日を浴びる。これだけでウィルパワーは復活します。

 

1日3分で効果が出る瞑想

 

僕自身も実践している、最も簡単なトレーニング法は、瞑想です。

瞑想というと精神修養のイメージがあるかもしれませんが、
神経科学者によれば、瞑想を行い、脳が瞑想に慣れてくると注意力、集中力、
ストレス管理、衝動の抑制、自己認識といったウィルパワーが向上することがわかっています。

瞑想は長くやればやるほど効果がありますが、慣れないうちに1時間、3 0分と続けようとするのは挫折のもと。最初は3分で構いません。

とても簡単な方法ですので、ぜひ取り入れてみてください。

 

①体を動かさず、じっと座る

 

椅子に座っても、床に座ってもよいでしよう。

背筋を伸ばして座り、静かに目を閉じます。

両手は膝の上に置くなど、ラクな姿勢を取ることがポイントです。

 

②ゆっくり呼吸する

 

「鼻からゆっくりと息を吸い込み、口からゆっくり吐き出します。7秒かけて吸い、7秒かけて吐く」のが目安です。

 

「瞑想で無になる」と言いますが、最初からその境地を目指すのは無理。

ただ呼吸に意識を集中させてください。慣れないうちは「吸って、吐いて 」と心の中で言 っても構いません。

慣れてきたら心の声をやめますが、いつの間にか別のことを考え始めたら、
再び「吸って、吐いて」と言いましょう。

息を吸い込んだときにふくらむお腹、吐き出したときに唇に感じる空気の流れなどに 意識を向け、呼吸に集中します。

これを 1回につき3~5分続けましょう。

1日のうち何回やっても構いません。 まずは 1 回 3分を繰り返し、 1週間で累計3時間になるのを目指します。

ある研究では、瞑想の練習を累計3時間行ったところ
「注意力と自制心が向上する」という結果が出ました。

そして、11時間行った後には、
「衝動を抑え、感情をコントロールする脳の領域の神経間の連絡が増加した」といいます。

また別の研究では、瞑想の練習を2か月間続けたところ、
「日常生活で 自己認識の度合いが向上し、 自己認識を司る脳の灰白質の量が増えた」といいます。

これは、ウィルパワーが筋力と同じように、トレーニング次第で鍛えられる証拠だと言えるでしょう。

 

「瞑想をするようになってから自分にどんな変化が表れるか」を意識すると、効果がより上がります。

退屈な作業でも集中が続くようになったとか、買い物に行っても余計なものを買わずにすんだとか、子どもに対して我慢できたとか。

そうした効果を見つけることができれば、瞑想のトレーニングはより楽しくなってくるはずです 。

 

まとめ

 

どんな方法を試すにしろ、「ウィルパワーを鍛える」と意識して行うことはとても重要です。

・意志力を強くする。

・自制心を鍛え、誘惑や衝動に負けない自分になると意識する。

 

これらを意識しながらトレーニングを積むと、間食をやめたい人はスナック菓子を買わなくなり、成績アップを目指す人は勉強時間が増えます。

ところが、効果はここで終わりません。

あることで自分を抑える練習をすると、他の部分でも質が向上するのです。

たとえば、ぐずぐずせずに掃除が始められるようになる、
すぐに食器が片づけられるようになる、ムダ遣いが減る、
面倒なことを後回しにすることが減るなど、さまざまな面がよくなるのです。

 

ウィルパワーを鍛えることは、生活全般にわたって大きなメリットをもたらすことが、
おわかりいただけるのではないでしょうか。

意志力を高めるためにさまざまなトレーニングをしていること、
そしてその結果、誘惑に負けなくなり欲求をコントロールできるようになること。

それらのすべてが子どもに感染し、子ども自身のウィルパワーも高めてくれるのです。

 

要するに何が言いたいかというと、

 

父親が子育てをする際の悩みを解決するには、ウィルパワーを身につけること

 

なんです。

 

別の記事では、子どものウィルパワーがぐんぐん上がる日常の習慣をご紹介します。

ちょっとしたエ夫で効果は絶大、ぜひ取り入れてください。

 

このことを学んでから僕が取った行動は、これです。

 

僕が決めたこと

僕が決めたこと①

午前中の事務作業から、仕事に出かける準備を始めるまでに15分でも時間を作る。そして、その時間に瞑想を始めた。

 

僕が決めたこと②

朝起きてすぐの30分はライズ・チャレンジの仕事をやり、その後に朝食をとるが、内容を変更した。それは、ヨーグルトにフルーツ(みかん、パイナップル・皮ごと食べるマスカット・ブルーベリー)とハチミツを入れたもの、牛乳と豆乳を合わせたもの、バナナという内容。これだと手軽に準備ができる。

-子育て
-, ,

© 2021 ライズ・チャレンジ Powered by AFFINGER5